iPad Affinity Designer 2 【自動選択】

Automatic Selection 疑問を解決

iPad版 Affinity Designer 2 の【自動選択】アイコンの説明になります。

便利な機能ですが、「どんな場面で使えるのか良く分からない」と言う人に読んで頂きたいですね。

 

iPad Affinity Designer 2 【自動選択】

iPad版 Affinity Designer 2 には、【自動選択】のアイコンが用意されています。

【自動選択】のアイコンをタップすると『有効』と『無効』が交互に入れ替わります。

黒色が『有効』で、灰色が『無効』になります。

menu

アイコンの横に、オプションを選択出来る所があります。ここを変える事で、いろんなオプションを選ぶ事が出来ます。

オプションの種類は、4つ用意されています。

  • デフォルト
  • オブジェクト
  • グループ

詳しく見ていきましょう。

 

デフォルト

【自動選択】が有効な場合

オブジェクトまたは、クループ化されたオブジェクト、もしくは両方を選択できます。

Default

【自動選択】が無効になっている場合は、レーヤーパネルから個々に選択出来ます。

 

オブジェクト

【自動選択】が有効な場合

オブジェクトまたは、クループ化されたオブジェクトでも、個別のオブジェクトとして選択が出来ます。

object

【自動選択】が無効になっている場合は、レーヤーパネルから個々に選択出来ます。

 

グループ

【自動選択】が有効な場合

クループ化されたオブジェクトのみ、グループとして選択が出来ます。

グループ化されていないオブジェクトは、選択が出来ません。

group

【自動選択】が無効になっている場合は、レーヤーパネルから個々に選択出来ます。

 

【自動選択】が有効な場合

複数のオブジェクトが重なり合って(オーバーラップ)いる場合、ペンで重なり合っている部分をタップすると、最表面のオブジェクトが選択されます。さらにタップすると、背面のオブジェクトが選択されます。

under

 

【自動選択】が無効になっている場合は、レーヤーパネルから個々に選択出来ます。

 

iPad版 Affinity Designer 2【自動選択】まとめ

iPad版 アフィニティーでは、【自動選択】と呼んでいますが、「最初は何これ」と思いましたが、使っている内に、こんな使い方が出来るんだ!と理解できました。

 

ペンでオブジェクトが選択出来ない!なんて困った事はないでしょうか?

そんな時、レーヤーパネルから選択しているのではないでしょうか?

 

どんどん複雑な図形になると、レーヤーパネルも複雑になって大変ですよね。

そんなとき、この【自動選択】のオプションを理解していると、作業がスムーズに出来ると思います。

必要ない人も、「こんな事が出来るんだ」程度で理解してて貰えれば良いかな。

 

それでは、また!!!

 

コメント