【GoodNotes 5】表紙や用紙をカスタマイズする方法

GoodN 5疑問を解決

大好きな手書きノートアプリ【GoodNote 5】に自作テンプレートを追加して使用する方法をご紹介したいと思います。

自分の好きな表紙を作って、楽しく便利に使ってみましょう。

かわいい表紙が出来るとみんなに自慢したくなる事間違いなしです。

テンプレートの作り方は簡単ですので皆さんも是非試して見て下さいね。

【GoodNote 5】のテンプレートをカスタマイズする方法

 

GodNote 5 の表紙は数種類ありますが、自作の表紙が使えるともっと楽しくなると思いませんか?

ここでは、自分のオリジナル表紙を作って見ましょう。

GoodNote 5 にオリジナル表紙のテンプレートを追加

 

まず初めに、表紙に自分で作ったオリジナル画像をGoodNote 5のテンプレートに追加する方法です。

もともとデフォルトで何種類かの表紙が用意されていますが、自分専用の表紙をグループ分けしておく事で、とても使いやすく見栄えも良くなりますよ。

 

それでは、新規グループの作り方からいきましょう。

①GoodNote 5の書類画面を開く

②右上の歯車アイコンをタップ

(プルダウンメニューが現れます)

③『ノートのテンプレート』を選択

GN5 tenp1

表紙と用紙のテンプレートを管理する画面に移動します。

ここでは「表紙」に新規グループを追加したいので、表紙とノートの向き(縦向き・横向き)を選択し、右上の「+」をタップします。

GN5 tenp2

新規グループ名に好きなグループ名を入力して、グループを作って下さい。

(説明の為、ここでは『ゆいのメモ』と入力しておきますね。)

GN5 tenp3

テンプレート管理画面に戻ります。

先程入力した『ゆいのメモ』グループが追加されている事を確認して下さい。

この「ゆいのメモ」グループ内にある「読み込む」をタップして、表紙のテンプレートを追加していきます。

GN5 tenp4

「読み込む」をタップすると、「ファイルから」「写真から」の2種類のメニューが表示されます。

DropboxやiCloudなどにあるファイルを追加する場合は「ファイルから」を、iPad内にある写真を追加する場合は「写真から」を選択して下さい。

お絵描きソフトを使用して表紙を作っても勿論OKです。

GN5 tenp5

 

テンプレート管理画面に戻ると、「オリジナル」グループに表紙が追加されています。

GN5 tenp6

 

 GoodNotes 5で用紙のテンプレートを追加する

先ほどは、オリジナル表紙を追加しましたので、ここでは用紙にテンプレートを追加して行きましょう。

やり方は、先程表紙を作ったやり方とほとんど同じです。

ノートブック一覧の書類画面の右上にある歯車メニューから「ノートのテンプレート」を選択し、テンプレート管理画面に移動します。

新規グループの作成方法は表紙と同じやり方です。グループを作りたい方は、前の説明を参考にして下さい。

GoodNote 5のには、用紙もノートも縦か横か?向き選択できますので好きな方を選択しましょう。

追加したいファイルのある場所を選び、ファイルを選択します。

これで作業は終わりです。

 

テンプレート画面に戻ると、今作ったテンプレートが出来ているはずです。

確認して見て下さいね。

GoodNote 5 テンプレートの編集

作ったテンプレートやノートの編集も簡単に出来ます。

編集したいファイル又は、表紙の右隅にある『∨』をタップすると編集メニューが現れます。

GN5 edit 1

  • 複製:同じものが複製されます。
  • 移動:別のファイルへ移動する事が出来ます。
  • 新規ウインドウで開く:新しい画面で開く。(2画面表示可)
  • 書き出す:PDF・イメージ・GoodNoteに書き出すことが出来ます。
  • 共有:同じ書類を他のGoodNoteユーザーと共同作業が出来ます。
  • コミ箱に入れる:ノートやファイル全体を削除する事が出来ます。

先ほど作ったテンプレートやノートを削除するには

GN5 edit 2

右上の『編集』をタップします。

下図のような画面で必要無くなったものを選択し、削除をタップすると削除されます。

(注)削除する前に必ず間違いないか確認してから削除してくださいね。

GN5 edit 3

GoodNote 5 テンプレートのカスタマイズする方法まとめ

GoodNote 5は本当に使いやすいアプリですね!

オリジナルな表紙やノートを作って使うと、気分も違ってきます。

好きな写真などで、どんどん見やすい表紙を作って下さいね。

間違ったら、簡単に削除も出来ますので、どんどん使って行きましょう。

 

GoodNote用のテンプレートもネット上で販売されていますが、自分で簡単に作れますので自分のオリジナルなものを作る事をお勧めします。

それでは、頑張って下さいね。

コメント