iPad Affinity Designer 2 【行揃え】

arrangement 疑問を解決

【行揃え】は、よく使う機能の一つです。

正しく理解しておきましょう。

iPad版 Affinity Designer 2 でも、イラレの様に基準オブジェクトに対して整列させる事もできます。

 

iPad Affinity Designer 2 【行揃え】

iPad版 Affinity Designer 2 の【行揃え】は、下図のメニューから行います。

Nemu 4

  • 左揃え
  • 中央揃え
  • 右揃え
  • 水平方向に等間隔配置
  • 上揃え
  • 中央揃え
  • 下揃え
  • 垂直方向に均等間隔配置

8個用意されています。

左揃え

オブジェクトを選択し、<左揃え>をタップすると、選択境界線の左端に揃います。

Left justified

中央揃え

オブジェクトを選択し、<中央揃え>をタップすると、選択境界線の水平方向の中央に揃います。

Vertical Center

右揃え

オブジェクトを選択し、<右揃え>をタップすると、選択境界線の右端に揃います。

Right

水平方向に等間隔配置

オブジェクトを選択し、<水平方向に等隔配置>をタップすると、水平方向に等間隔に揃います。

Evenly spaced horizontally

上揃え

オブジェクトを選択し、<上揃え>をタップすると、選択境界線の上端に揃います。

Top Align

 

中央揃え

オブジェクトを選択し、<中央揃え>をタップすると、選択境界線の垂直方向の中央に揃います。

 

Horizontal Center

下揃え

オブジェクトを選択し、<下揃え>をタップすると、選択境界線の下端に揃います。

Bottom Align

 

垂直方向に均等間隔配置

オブジェクトを選択し、<垂直方向に均等間隔配置>をタップすると、垂直方向に等間隔に揃います。

Space Vertically

基準のオブジェクトに揃える

いま説明した【行揃え】では、Adobeのイラストレーターの様に基準のオブジェクトに整列させる事ができません。

Affinity Designer 2 でも同じ様な事が出来ます。・・・イラレより面倒だけどね!

 

複数のオブジェクトを選択する時、1個づつ選択していきます。(+ shiftで複数選択)

この時、基準にしたいオブジェクトを最初か、最後に選択する必要があります。

 

画面右側の【変形】メニューから<整列オプション>を開く

Selection order

 

<水平方向に整列><垂直方向に整列>のいづれかのアイコンをタップ

今回は、<水平方向に整列>の『左揃え』を選択して見ました。

(ここを選ばないと次に進む事が出来ません)

②その下の赤枠の部分をタップ

<選択範囲><アートボード><マージン><最初の選択><最後の選択>)の5つから選べます。・・・表示は3つですが、スクロールすると5つから選択出来ます。

Reference Object Settings-1

上図左側の絵の番号は、選択した順番になります。(実際には表示されません)

<最初に選択>を選ぶと、右側の絵の様に最初に選んだ、丸のオブジェクトを基準に左揃えになりました。

この状態で、(左揃え/中央揃え/右揃え)の変更も出来ます。

 

このやり方で、<垂直方向に整列>も同様に揃える事が出来ます。

 

等間隔配列の間隔調整

下図の様に、<水平方向に整列>か<垂直方向>を選択した場合

『自動』をタップして解除すると、<水平方向に整列>では『幅<垂直方向に整列>では『高さ』を自由に変更する事が出来ます。

『幅』または、『高さ』の数字の部分をペンでスライドするか、直接数字入力します。

Free placement

自由に『幅』と『高さ』を調整出来ます。

一度やってみると、どの様に動くか感覚がわかります。実際にやってみて下さい。

 

キーオブジェクトを設定し、整列させる

コマンドコントローラーを使用し、基準オブジェクトを設定する方法

 

下図は、<中央揃え>の例です。(オレンジの丸オブジェクトをキーオブジェクトに設定)

Setting the Key Object

①複数のオブジェクトを選択

②コマンドキーの『OPTION』を押したまま、キーオブジェクトを選びます。

(キーオブジェクトの輪郭が青色に変化します)

③コマンドコントローラーをリリース

④【行揃え】メニューから揃えたい種類を選ぶ

これでキーオブジェクトに対して揃える事が出来ます。

 

iPad版 Affinity Designer 2 の【行揃え】まとめ

iPad版 Affinity Designer 2 の【行揃え】も、良く使う機能です。

すでに理解されていると思いますが、「どこを基準に揃うか」を正しく理解しておきましょう。

 

また、基準オブジェクトに整列するやり方は、チョット面倒ですね。

どうしても、「このオブジェクトに整列させたい!」なんて言う時には使えるかな。

複雑なイラストを作成する時には、必要な機能です。

 

キーオブジェクトの設定が使い易いと思います。

 

iPad版 Affinity Designer 2も、Adobeイラレみたいに、簡単に出来る様バージョンアップを期待しましょう。

 

それではまたね!

コメント