iPad版 Affinity Designer 2 【ズーム/プレビュー/スナップ】

Thumbnail 疑問を解決

iPad版 Affinity Designer 2 の【ズーム】・【プレビュー】・【スナップ】メニューは、どんな事が出来る?

 

iPad版 Affinity Designer 2【ズーム】【プレビュー】【スナップ】

iPad版 Affinity Designer 2の【ズーム】機能・【プレビュー】機能・【スナップ】機能の説明になります。

 

【ズーム】機能

【ズーム】のアイコンは、下図から開きます。

(実際は拡大できません。見やすい様に加工しました)

Zoom options

【ズーム】アイコンの右下にある小さな三角部をタップすると、ズームオプションが開きます。

 

オプションのいずれかをタップすると、選択内容でズームする事ができます。

 

また、オプションで設定したズーム内容は、【ズーム】アイコンに記憶されるので、タップするだけで、設定した内容でズームが出来ます。

 

別のズーム方法

【ズーム】アイコンを使用せず、ズームする事も出来ます。

 

①下図の【ナビゲーター】アイコンを開くと、ナビゲーター画面が表示されます。

ここで、ズーム倍率・アートボード(キャンバス)の回転・自由ズーム等ができます。

Zoom-1

②もう一つの方法は、ジェスチャーで行う方法です。2本の指で拡大・縮小ができます。

 

【プレビュー】機能

【プレビュー】のアイコンは下図から開きます。

(実際は拡大できません。見やすい様に加工しました)

Preview Mode【プレビュー】アイコンの右下にある小さな三角部をタップすると、プレビューオプションが開きます。

 

プレビューモードは、画面上のデザイン補助として、グリッドガイドルーラーなどを設定する事が出来ます。

設定した内容は、【プレビュー】アイコンをタップし、<表示/非表示>を切り替えて使用します。

 

ガイドの設定

ガイド設定は、【プレビュー】オプションの下の方にあります。

 

ガイド線は、ページレイアウトをデザインする時などに便利です。

 

<ガイド設定>を開くと、下図の画面に切り替わります。

Guide Settings

ガイド線を増やしたり、削除したり出来ます。

ガイド線の移動は、【移動ツール】に切り替えて、移動したいガイドをドラクして行います。

 

設定したガイド線は、【プレビュー】アイコンをタップし、<表示/非表示>を切り替えて使用します。

印刷または、書き出し時には、ルーラーやガイド線は表示されません。

 

グリッドの設定

グリッド設定は、【プレビュー】オプションの下の方にあります。

 

グリッドを表示すると、オブジェクトを正確にレイアウトする事が出来ます。

 

<グリッド設定>を開くと、下図の画面に切り替わります。

このメニューで、グリッドの色・サイズ・角度等を変更できます。

Grid Mode

設定したグリッドは、【プレビュー】アイコンをタップし、<表示/非表示>を切り替えて使用します。

印刷または、書き出し時には、グリッドは表示されません。

 

 

【スナップ】

【スナップ】のアイコンは下図から開きます。

 

スナップ機能を使用すると、オブジェクトの移動や変形などをスムーズに行うことが出来ます。

(スナップ機能とは、磁石のように「くっ付ける」様なイメージです)

 

【スナップ】のアイコンをタップすると、『スナップ有効』と『スナップ無効』が切り替わります。

 

snap

<スナップオプション>には、いろんな設定が出来るようになっています。

 

前に説明した、<グリッド>や<ガイド>を設定し、『ガイドにスナップ』・『グリッドにスナップ』を有効に設定するとよりレイアウトがスムーズに出来ます。

 

iPad版 Affinity Designer 2の【ズーム】【プレビュー】【スナップ】まとめ

今回は、【ズーム】【プレビュー】【スナップ】を纏めて書いてみましたが、いかがだったでしょうか?

iPad版 Affinity Designer 2の機能は奥が深く、ここでは最低限必要な項目になってしまいました。

 

ガイド線やグリッドの設定をした後、『ガイドにスナップ』・『グリッドにスナップ』を有効に設定

をお勧めします。

 

次回はもう少し深掘りした説明にしたいと思います。

 

それではまたね〜

コメント